妊娠線は運動で予防できる?

妊娠線は一度出来てしまうと完全に消すのは困難です。
妊娠線が残ったとしても、わが子をお腹で育てた証なのだから平気だという人もいるでしょう。
しかし、妊娠線は決して見栄えの良いものではないので、できれば残したくないですね。妊娠線予防には何が効果的なのでしょうか?
一般的には保湿のための専用クリームですが、急激な体重増加を防ぐための軽い運動も効果があります。
歩く、動く、泳ぐなど、スポーツジムやプールでは、妊婦さんのためのエクササイズクラスを設けているところもあります。
マタニティスイミングなどの有酸素運動は妊婦さんに特に人気ですね。
おなかの脂肪を燃焼させることによって妊娠線が出来にくくなります。
これらの運動を始める時期は、妊娠5か月以降となる安定期に入ってからです。
必ずプロの指導のもとで行ってください。
マタニティエアロビクスやマタニティヨガ、ピラティスなどは、継続的に行うことによって妊婦特有の「肩こり」や「腰痛」に効果があります。
動きの激しいスポーツや人と接触する体操などは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの安全が確保できないので避けてください。
適度な運動は良い気分転換になるので、妊娠期を快適に過ごすためにも、妊娠線予防するためにも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

妊娠線の予防と対策法